プーログ

ジャーナリストから転身 40代妻子持ちが自由な生き方を提案

連載㉑40代妻子持ちが脱サラ生活へ ボスの申し出

f:id:ueaki:20180105204904j:plain

メルカリで販売する商品の「動作確認」と称し、ファミコンに興じる僕のスマホに、夕刻、一本の電話があった。

 

見慣れない番号だ。

 

誰だろうと思いながらも、愛想よく電話に出た。

 

僕 ;「はい、もしもし」

 

? :「おう、俺だ。バカかお前!あぁ?何考えてんだ」

 

開口一番の毒舌、何よりこのハスキーボイス、どこかで聞き覚えが…

 

青ざめる僕。

 

古巣のOB、元ボスのMさんに違いない。

 

 

古巣復帰へのお誘い 戸惑いと深い感謝

僕 ;「あ、あれ。いやいや、ご無沙汰しております」

 

M :「あれ、じゃねえだろお前!親父さんから聞いただろう」

 

僕 :「あ、はい。すみません…」

 

Mさんは、何の相談もなしに会社を辞めた上、挨拶にすら来なかった僕の不義理に、相当ご立腹の様子だった。

 

もし挨拶にお邪魔していれば、やはり強引に引き戻されたはずだ…。

 

M :「●●が原因だろう!ああ?あんな奴に負けてどうする」

 

僕 :「いや、決してそういうわけでは…」

 

M :「じゃあ何なんだ。老後はどうするんだ。甘いんだよ、お前は!」

 

かくして、30分ほど罵られ続けたが、ようするに「会社に戻れ」という内容だった。

 

利害関係を超えたところでの申し出に、涙が出そうなぐらい、僕は本当にありがたく思った。

 

M :「で、戻りたいんだろ。子供も可哀そうだもんな。え、どうなんだ」

 

僕 :「すみません。即答はできません。でも必ず挨拶には伺います」

 

結論を先送りにしたというより、失礼のないよう言葉を選びながら、僕は電話を切った。

 

もう、腹は決まっていたのだ。

 

 

運命の扉

確かに、会社を辞めて随分時間がたつが、いまの僕に確たる収入源はない。

 

何かしらの軽い仕事に就き、足らず分を得意の「メルカリ」で補強してやれば、家族4人ぐらい食べていけなくもない。

 

だが、どうも気持ちがスッキリしない。

 

ボスの毒気に当てられた僕は、ふと、あることを思い出した。

 

「飲みに行こう」と誘われた後、しばらくそのままにしてあった友人Sとの約束だ。

 

Sは20代で独立した筋金入りの経営者で、いま、4人の社員を抱える小さな会社の代表だ。

 

割と立派なマンションに住んでいるのだが、新規事業を精力的に立ち上げる挑戦者の身でもある。

 

Mさんから電話をもらった翌日、地元のバーで僕はSと会うことにした。

 

そこで僕は、あるビジネスモデルと出会うことになる。

 

連載㉒中国ビジネスとの出会い(1)へ