プーログ

ジャーナリストから転身 40代妻子持ちが自由な生き方を提案

連載㉔40代妻子持ちが脱サラ生活へ 中国ビジネスとの出会い(3)

 

f:id:ueaki:20180111210552j:plain

怪しいイメージをぬぐい切れないAmazonでのネットビジネスも、一度原理を知ってしまえば、驚くほど手軽で合理的なことを思い知らされる。

 

情報通信技術、バンザイ!

マーケットプレイス、バンザイ!

 

ただ、肝心の「仲介役」と「売れ筋商品の見極め」はどうするのか。

 

そのからくりを聞いた時もまた、「便利な世の中になったものだ」と思った。

 

中国ビジネスのかなめとなる仲介役は、「ネット上の掲示板」で募集するそうだ。

 

そして日本語が堪能な中国人を「Skype」で面接し、このビジネスに「心得のある人」を選ぶのだという。

 

ただし「はずれ」をつかめば、それで終わり。

 

お金を持ち逃げされるケースもあるという。

 

そんなリスクを負わずとも、「仲介業者」が存在するのだが、こちらもやはり海千山千となる。

 

 

仲介役のIさんに丸投げ 驚愕のお手軽さ

僕は、Skypeで面接することもなく、彼が懇意にしている中国人のIさんという女性を紹介してもらった。

 

Sいわく、「彼女は全部わかっているから、任せればいい。ただし、請求額には気を付けて。必ず費目ごとにチェックを入れておくこと。文化の違いもあるので、ここは注意しておかないと」とのことだった。

 

売れ筋商品の選別については、Amazon商品検索上位にある「中国製品」をみつけて、同じものを「タオバオ」「アリババ」から調達するだけだった。

 

彼はこの技術を習得するのに、数百万円の投資をしたそうだ。

 

さすがは冒険家…。

 

実際、Sの売り上げを見せてもらったのだが、たった半日で40万円を超えていた。

 

利益は2割程度という。

 

仕入れしたばかりだから」と謙遜していたが、同じことをすれば同じように儲かるというのだ。

 

生きる道への確かな手ごたえに興奮する反面、余りにも手軽なビジネスモデルに、一抹の不安を覚えた僕。

 

その不安は、残念ながら現実のものとなる。