プーログ

ジャーナリストから転身 40代妻子持ちが自由な生き方を提案

嘘のような初期不良【40代脱サラ妻子持ち】脱サラ男の災難

f:id:ueaki:20190926230033j:plain

こんにちは。

 

プーです。

 

前々回、日立のオーブンレンジ「ヘルシーシェフ」を購入した話題をご紹介しましたが、実は新品なのに壊れていました…。

 

いわゆる初期不良というやつです。

 

40年以上生きていて、最初から故障している家電製品をつかまされたのは初めてです。

 

早速、販売店に問い合わせてみたところ、「こちらでは判断しかねる」として、メーカーに指示を仰ぐよう言われました。

 

今回は、そんなヘルシーシェフをめぐる「珍しくもどうでもいい話」について、ご報告します。

 

 

近未来的な演出?

10年間、我が家の食卓に彩を添えてきた「シャープのヘルシオ」に別れを告げたプー一家。

 

息子が「この電子レンジ、捨てたら壊されるの?」と泣き出したのには驚きでしたが、かつての愛機があった場所にはいま、「ヘルシーシェフ」が威風堂々と鎮座しています。

 

黒光りする真新しいボディの右上に、スタイリッシュな「液晶モニター」を搭載し、乱暴なぐらい大きなボタンがどこか安物臭さを印象付けます。

 

「あたためいろいろ」「少人数」などの不明瞭な機能は、きっと一生使わずじまいです。

 

それでも、新品の家電製品はうれしいものです。

 

 

モニターに踊るアルファベット

f:id:ueaki:20190926230237j:plain

早速、冷えたご飯を温めてみました。

 

すると、液晶モニターの中では「U」という文字が浮かび上がり、何やらデジタル表示がクルクルと回転しています。

 

おお、さすがはヘルシーシェフ!

 

10年ほど愛用していたシャープの「ヘルシオ」にはない、新機種特有のお洒落な表示でしょうか。

 

きっと、何かの頭文字をアルファベットで表現しているに違いありません。

 

近未来的でなかなかカッコいい演出に胸が躍ります。

 

  • H
  • S
  • E

 

1秒間隔で変わるアルファベット表示に、無限の想像が広がります。

 

誰も見ていないことをいいことに、僕はリズムをとって叫びました。

 

「HOT! SOON! EAT!」

 

ただ、あと何秒で温まるのかは、まったく分かりません。

 

 

異変に気付いた妻

このシステムに違和感を覚えたのは2日後でした。

 

肉じゃがの残りを温めていた妻が本質的な問題に気づき、こう言います。

 

 

妻:「ちょっと、これ壊れてるじゃない!」

 

 

買ったばかりのヘルシーシェフに限って、そんなはずはありません。

 

 

僕:「いや、これは今風の演出だよ

 

 

僕は本気でそう信じていながらも、少し心配になり、液晶モニターをまじまじとのぞき込みました。

 

そこでようやく、モニターの中で暴れる記号の正体を悟ります。

 

これは、ところどころ「辺」がかけた数字だったのです

 

  • H⇒「8」
  • U⇒「0」

といったところでしょうか。

 

「だまし絵」さながら、人の思い込みというのは恐ろしいものです。

 

こうなると、ちゃんとした新品に交換してもらえるかが心配です。

 

 

機械的な対応

売店に「お前が壊したんじゃないか」と言われても、無実を証明する証拠はありません。

 

それでも、とにかく連絡を取ってみるのが先決です。

 

 

僕:「壊れているので、新しいのに交換してください」

 

売店:「メーカー側の受付番号とメーカー担当者名をお書き添えの上、ご連絡いただけますようお願い致します」

 

 

まるでロボットのような対応でしたが、販売店がそう言うのは、まあ当然と言えば当然です。

 

この場合、対応すべきは「売った人」ではなく、「造った人」でしょう。

 

次にメーカーに問い合わせてみたところ「あくまでも修理での対応となる」とのことで、「後日、技術者を派遣する」と伝えられました。

 

きちんと直してもらえるのであれば、こちらとしても文句はありません。

 

そして、奇跡が起きたのは「技術者訪問の前日」でした。

 

 

バツの悪い復活劇

 休日の午後――。

 

 妻が昼食の準備をしていたところ、ヘルシーシェフとオーブントースターを同時に使ったことが原因で、突然、ブレーカーが落ちてしまいます。

 

すぐさまブレーカーを上げて電気を復旧し、ふたたびヘルシーシェフの温めボタンを押すと、なんと、不具合が直っているではありませんか。

 

要らぬ疑いを持たれぬよう、ちょっと怒ったふりをして連絡したこともあって、バツの悪いことこの上ありません。

 

再度、メーカーに事情を説明したところ、「一応約束通り、技術者を派遣する」といわれたので、当初の予定通り、現物を点検・修理してもらうことになりました。

 

 

そして当日、我が家に迎え入れた技術者の方いわく、この手の不具合は「初期不良のなかでも極めて珍しいタイプ」だそうで、ご自身も「はじめて見た」というぐらいレアなケースなのだとか。

 

ブレーカーが落ちた後、突然モニター表示の不具合が改善した理由については「(システム的に)リセットがかかったため」との説明を受けました。

 

万一の再発を防止さるため、結局基盤を交換してもらいました。

 

色々ありましたが、新品のオーブンレンジにはとても満足しています。

 

そんな僕の気持ちを察してか、それとも、高度なブラックジョークで笑わせようとしているのか。

 

奇しくも、販売店から修理当日に届いたメールのタイトルがこれ。

 

 

【クーポンあり!】先日、購入頂いた商品レビューをお聞かせください原文ママ

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。