プーログ

ジャーナリストから転身 40代妻子持ちが自由な生き方を提案

40代妻子持ち【無職】の気づき 新たな「変化」と「成長」を求めるならば

漫然の中に潜む気づきに思わぬ宝がある

新たな成長へ、相手や自分に変化を起こすには、いったいどうすればいいのか――。

 

さきほど大切なことに気づきましたので、急いで書きます。

 

あ、すみません、ごあいさつが遅れました。

 

プーです。

 

最近Twitterを始めた僕ですが、良識ある方々のツイートを拝見していくうちに、「明日を変えるには、今日を変えねばならない」ことを学びました。

 

さらにこの考えを深堀りして、今しがた、気づいた重要なことがあります。

 

それは「変化を起こすには、やり方を変えなければならない」ということです!

 

……。

 

仰りたいことは分かります。

 

当たり前、ですよね。

 

ただ、やり方を変えずに変化だけを待っていることって、実は意外なほどたくさんあると思いますよ。

 

 

叱り続ける前に「立ち止まる」

例えば、何度叱っても直らない子供の悪しき習慣、あるいは、部下や後輩の悪い癖って、ありませんか?

 

  • 遅れるから早くしなさい!毎日毎日もう…
  • 連絡は密にしろって、何度言ったらわかるんだ!
  • だからぁ、毎回言ってるじゃないか…

 

この段階でピンと来た方もいるのではないでしょうか。

 

同じことを何度言っても「効果がない」という結果は、すでに出ているのです。

 

指導する側も、実は一緒になって同じ失敗を繰り返しているわけです。

 

そして、「言っても仕方がない」という結論の多くは、相手を否定するためではなく、自分に言い聞かせるべき言葉だったのです。

 

 

天真爛漫な娘のケース

では、毎朝テレビに没頭し、なかなか朝食もとらず、学校に行く準備を全然しない娘を諭すには、いったいどうすればいいのか。

 

毎朝、妻と娘のやり取りを他人事のようにはたから聞いていると、双方ともに気の毒に思えて仕方がありません。

 

妻: 「はやく用意しなさい。あと2分しかないのよ。給食ナフキン持ったの」

 

娘: 「まだだけど、わかってる。あ、お母さん、昨日の夜見た夢なんだけどね」

 

思わず噴き出す僕をよそに、ついに妻が大爆発を起こしてしまいました。

 

その夜、妻と話し合ったのですが、育児に対する僕の姿勢に彼女はとてもご立腹のようすで、まったく言うことを聞かない娘の振る舞いに、ため息をつくばかりでした。

 

 

条件反射のスイッチをOFFに

叱っても直らないのに、また叱る――

 

その原因は、きっと条件反射的に「叱るスイッチ」が入るからだと思います。

 

・またやってない⇒ポチッ

・あれだけいってもできていない⇒カチン

・何度言えば直るのか ⇒プチン

 

僕たちは大人になる過程で、同じようなことで親に何度も叱られ、上司に幾度も怒鳴られながら、気が付けばできるようになっていた感じですよね。

 

でもよく考えてみると、本当に叱られ続けたから、できるようになったのでしょうか。

 

もちろん、まったく影響がないとまでは言いませんが、もっと大切なのは、自分の経験から得た「気づき」にあるに違いありません。

 

成功なり失敗なりを経験し、自分にとってプラスになることさえ刷り込んでしまえば、マイナスの行動は段々変わっていくはずです。

 

誰しもが、そんな経験をしてきたはずです。

 

そしてこの夜、僕ら夫婦が達した結論というも「気が付くまで、もう何も言わない」ということでした。

 

つまり、おなかをすかせ、遅刻させ、先生に怒られるのを「見守る」方法を一度とってみることにしたわけです。

 

少し実践してみたところ、妻はついつい口出ししてしまい、娘も「叱ってほしい」と求めるようになってきました。

 

なかなか思うようにはいきませんが、このまま続けていくうちに、互いに多くの気づきが生れるに違いありません。

 

 

自分に起こす変化は「逆のアプローチ」で

もちろん、これは指導側の立場にとどまる話ではありません。

  

「伸び悩み」「行き詰り」「停滞」「鈍化」…。

 

ビジネスであれ、趣味であれ、新たな変化を求めるのであれば、「きょう」、「明日のために」、やり方、あるいは心持ちなんかを変えなければならないというわけです。

 

そして、実はこの考え方を逆流させるのも「あり」だと思います。

 

漫然と半自動的にとっている行動を一度意識的に変えてみる。

 

お弁当で美味しいものを最後に食べる癖、いつもの通勤ルート、夜型の生活リズム…。

 

日常の無意識を意識的に変えてみることで、思わぬ気づきがあるかもしれません。

 

長文にお付き合い頂き、ありがとうございました。