プーログ

ジャーナリストから転身 40代妻子持ちが自由な生き方を提案

自由な生き方ーノウハウあれこれ

仕事を辞める=「逃げる」ではなく「克服する」<脱サラ体験者>

仕事を辞めるのは、逃げなのか――。 こんにちは。 管理人のプーです。 いきなり本題から切り出しましたが、結論からいうと、仕事を辞めるのは100%、逃げではありません。 突き詰めると、それは「選択」です。 そもそも、仕事を辞めるのには、莫大なエネルギ…

仕事を辞めるとカモられる!?<40代脱サラ体験談>夢の世界に潜む罠

仕事を辞めると、そこに待つのは「自由への開放感」と「新しい人生への不安」が渦巻く生々しい世界です。 そんな新天地に足を踏み入れたとき、特に注意が必要なのは、転職ではなく脱サラ・独立を目指す人。 勢いで会社を飛び出してしまった方にも言えること…

40代が患う人生の疲れ「特効薬」と処方箋とは【40代脱サラ経験者より】

プーログは、「人生に疲れた」と苦しむ40代サラリーマンの方にも結構読んでいただいているようです。 本当にありがとうございます。 人生に疲れた経験、もちろん僕も踏んできましたが、その原因は理想と現実とのギャップに横たわる「閉塞感」ではないでしょ…

【40代脱サラ】哀れな末路回避へ|失敗の連鎖断つ秘策は沖縄バカンス!?

このブログは、妻子持ちの身でありながら20年勤めた会社を辞めて、自力で生き残りの道を探る僕の歩みを公開するものです。 こんにちは。 貯金の底が見えてきた管理人のプーです。 先日、古巣で仕えた上司に1年ぶりに会いました。 同期も後輩も、「~局長」…

無職の体験談 厳しい現実と卑屈な気持ちに「生きる価値」を見失う人へ

無職の体験談をつづるサイトを見ていると、悲惨な状況を強調する内容ばかりが目立ちます。 正確な情報提供というより、何か別の意図が読み取れるものも少なくありません。 とはいえ、家庭持ちの場合、本当に惨めな思いをしている人が多いのも事実です。 ・家…

【体験談】家族に負担と迷惑をかける「脱サラ」 夫婦仲の不和の原因は別?

脱サラすると、家族や職場に迷惑がかかるかもしれない――。 こんにちは。 40代家庭持ちの立場でありながら、突然会社を辞めてしまったプーです。 僕のようないい加減な男と違って、「周囲に迷惑をかけたくない」と脱サラに二の足を踏む人は少なくありません。…

体験談「脱サラ」すると時間の経過が早くなる理由

このブログでは、2017年まで全国紙の記者だった僕が、実体験をもとに「脱サラの現実」をありのままに公開しています。 こんにちは。 プーです。 何の当てもないまま脱サラしてみて、最近、ふと気が付いたのですが、日々の生活の中に「暇な時間」というのが一…

【体験談】40代脱サラ 現実の「リスク」~いざ仕事を辞めてみて~

ここでは、昨年実際に仕事を辞めてしまった僕が、脱サラのリスクについて、リアルな「実情」「実感」をまとめています。脱無職への挑戦はいまも進行中です。 こんにちは。 プーです。 新たな人生への挑戦に焦がれながらも、サラリーマンを長年やっていると、…

【徹底解説】「退職後」の不安緩和へ 稼ぐ経験と「脱サラ前」の貯金

ここでは、昨年仕事を辞めてしまった僕の実体験を通じ、退職前に行うべき必須の「貯金」と脱サラ後の「不安を和らげる方法」についてまとめています。 こんにちは。 プーです。 おもむろに新聞記者という仕事を辞めてしまった私がいうのも変ですが、脱サラす…

体験談「40代妻子持ちの脱サラ」円満退職を成功させた方法とは

「自己都合の退職」も円満かつ円滑な手段で 安定した収入源というのは、生活不安から解放されるいわば「精神安定剤」の一種だ。 会社を辞めた自分が言うのもはばかられるが、僕は基本的に「安易な離職」には反対の立場をとっている。 特に日本人の感覚からし…

【妻子持ち脱サラ40代】 会社を辞めて得た「時間」の意味

こんにちは。 管理人のプーです。 このブログは、40代妻子持ちの身でありながら、20年務めた新聞社をおもむろに辞め、自力で収入源を得る試みなどについてまとめたものです。 これまで物語風に「自由な生き方探し」の進ちょくをつづってきましたが、今回はち…