プーログ

ジャーナリストから転身 40代妻子持ちが自由な生き方を提案

家庭持ち脱サラ40代【苦境を乗り切る秘策】持ち出したのは埃だらけの「あれ」

f:id:ueaki:20180419024100j:plain

僕が脱サラしてもうすぐ1年がたとうとしています。

 

苦しくもまた、充実した1年でした。

 

すみません。

 

感傷にひたり、ご挨拶が遅れました。

 

40代家庭持ちの脱サラ男こと、プーです。

 

最近さぼり気味の本ブログですが、それなりに多くの方に読んで頂いているようです…。

 

お詫びの意味を込めて、久しぶりに筆をとりました。

 

いま、僕は物販の仕事を少しだけお休みし、新しい挑戦を始めています。

 

そのため、「とてつもなく忙しい」というのが現状です。

 

新しい挑戦というのは、お金になるかどうかも分かりません。

 

また、物販をやめたわけでもありません。

 

複数のことを同時にやるのが苦手なだけです。

 

これに「全力でぶつかるのみ」と、歯を食いしばって集中しています。

 

その具体的な内容は、また改めてご紹介したいと思います。

 

 

不安に打ち勝つ強い味方とは

さて、今回のテーマは「恐怖心」に打ち勝つ強い味方についてです。

 

貯えがどんどん減る中で、正直、先々への不安が再燃しています。

 

また収入ゼロの状態に戻ったわけですから、ある意味仕方がありません。

 

仕事を辞めた時に感じた生々しい不安が再び蘇ってきたわけです。

 

そんなおり、強力な味方になるものを見つけました。

 

得意の瞑想ではありません。

 

「歌」です。

 

 

歳をとると音楽から離れる傾向に

30代も半ばを過ぎたあたりから、得てして、音楽を聴く習慣がなくなるものです。

 

僕の場合はとくにひどく、最近の流行りはもちろん、昔の歌でさえ、まったく聴かなくなりました。

 

ところが、いざYouTubeなんかで往時の歌に耳を傾けてみると、心の芯が震えるではありませんか!

 

馬鹿みたいに聞こえるかもしれませんが、驚くほど効果があります

 

本当に、歌には自分を奮い立たせる魔力のような力があります。

 

僕のように、歌から離れてしまった人は、だまされたと思って是非一度、試してみてください。

 

それも、明るい未来を展望するお気に入りの歌があれば、最高です。

 

 

新年度の環境変化を乗り切るためにも

f:id:ueaki:20180419024119j:plain

早いもので4月も下旬に入ろうとしています。

 

毎日家でコソコソやっているうちに、気がつけば新年度がスタートしていました。

 

特にサラリーマンの方は、がらりと環境が変わり、戸惑いの連続となる人も少なくないはずです。

 

そんななかで、行き詰っている人、明るい展望がなかなか開けない人は、もう一度、古いCDなんかを出してきて、聞いてみるのもありですよ。

 

そして、ネガティブからポジティブへと気持ちを切り替える。

 

たとえ状況は同じでも、心のあり様が変わると、問題の捉え方も、課題に向き合う姿勢も、見える景色さえも変わってきます。

 

やる気も落胆も、恐怖も勇気も、結局は自分の中にしかないのです。

 

いま苦境にあえぐ人、どうか邪魔な感情は大好きだった歌で洗い流し、自分の中に眠る情熱や希望をみつけてください。

 

必ず道は開けると信じて、お互いがんばりましょう!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

本ブログの執筆活動も、少しずつ戻してまいります。

 

もう少し落ち着いた段階で、ドカッと書いていきますので、何卒、プーのことをお見捨てにならないよう、伏して、平にお願い申し上げます。